つばめの巣のヒミツ

昔から珍重されてきたつばめの巣。
何がいいの? どういいの? にお答えします。

つばめの巣の原料と成分、そしてそこに秘められたチカラの源を確かめて、
より健やかに、より美しく、あなたの暮らしに取り入れてください。 つばめの巣
実物のつばめの巣
原料はつばめの唾液
つばめの巣とはツバメの唾液を固めたもの。最高級と珍重されるマレーシア産アナツバメは日本で見かけるツバメと違って透明な唾液(唾液腺から出る分泌物)だけで巣を作り固めます。空気中のものや羽根を巻き込まず、純度が高いのが特徴です。
からだに善い つばめの巣の成分
体内から強く美しく輝く身体に効果的な成分をたっぷりと含みます。いびつな細胞の結びつきを正すこと。乾燥を潤し、疲労を回復し血管レベルから弾力を取り戻すこと。その「修復」成分は、美容の面だけでなく、様々な大人の不調もはね返します。
つばめの巣は赤ちゃんを守り育てるベッド
アナツバメが赤ちゃんを守り育てるベッド、それがつばめの巣です。
使い終わった巣はそっと手摘みしその恩恵を今度は私たちがいただく。
究極にエコビューティな食品です。
RIA RASAはマングローブの深い森に囲まれた無人島にツバメ専用のお家を作りました。そこでできるつばめの巣は洞窟よりも汚れがつきにくく、漂白の必要がありません。
自然の栄養素がぎゅっと詰まったまま、まるごとお届けします。
バードハウスイメージ クレオパトラ
世界三大美女に愛された食品!
つばめの巣は、医薬同源をモットーとする中国で1,000年以上前から愛されてきた食品です。絶世の美女として知られる楊貴妃が永遠の若さと美しさを保つために欠かさなかったとも伝えられ、今もセレブリティを中心にパーフェクトフードとして注目を集めています。

体に善い、健康に善い、美容に善い。つばめの巣のチカラ

つばめの巣に含まれる代表的な成分は「糖鎖栄養素」「シアル酸」「EGF & FGF」。
これらには健康や美容に関わる様々な効果があると言われています。
これから、その魅力的な成分をひとつずつ紹介します。
繋がりを大切にする 糖鎖栄養素
今、医学界が最も注目している糖鎖とは細胞と細胞を正しく「繋げる」アンテナ。私たちの体は無数の細胞からできていますが、その繋がりが狂ってしまうことで病気や老化などが引き起こされます。つまり、欠けた糖鎖を補えば細胞が正しく繋がり、それが免疫力を高めるということ。糖鎖は8つの栄養素で構成されており、そのうちの6種を含んでいるのがつばめの巣。“奇跡の食べもの”と呼ばれる所以です。
糖鎖栄養素のポイント
  • 体に不必要な物が入ってきたときに排
    除する効果
  • 外部からのストレスを緩和し、神経細
    胞やホルモンバランスを乱さず保つポ
    ジティブ効果
  • 糖鎖の力は「第4の医療革命」とも呼
    ばれている
栄養素の数は6種
医療&美容業界大注目 病気や老化を予防!?
糖が鎖状に結合したものを「糖鎖」といいますが、近年ノーベル賞を受賞した研究のうち10件が糖鎖に関連しているもので、医学分野で注目を集める最先端のカテゴリーです。細胞間で情報のやりとりをするため、病気や老化のメカニズムに大きく関係している糖鎖は、これからの健康と美容のカギとなる大切な成分です。
 

健康にも美容にも嬉しい シアル酸
シアル酸とは、細胞と細胞を繋ぐ糖鎖の末端に存在する酸性の糖。細胞間の間違った結びつき(老化や病気の原因)を正したり、外からのウィルスや細菌などの異物を素早く察知してキャッチ→排出するよう指令を出したりします。つまり、これこそが「免疫力を高める」ということ。この、天然のポジティブ成分は人間の母乳や唾液にも含まれますが、つばめの巣には特に多く含まれることで有名です。
唾液中の栄ある酸含有量の比較
なじみのあるローヤルゼリーはミツバチの唾液。これを食べ続けた女王蜂の寿命は約40倍になるとも言われますが、つばめの巣に含まれるシアル酸の量はその何と200倍。
シアル酸はローヤルゼリーの200倍
強く負けないカラダに
「シアル酸」とは、グラつきがちな現代人の土台の部分をしっかりとした結びつきで底上げするもの。無理せず、心地良く、自然なベースで。細胞のかけ違えたつながりを正すことで体が好回転を始めます。
 
糖鎖栄養素のポイント
  • 身体に不必要な異物をキャッチして素早く
    排出
  • 正常につなげて内外から輝く肌に
  • コラーゲンなどの美肌成分を正しく“効く”
    場所へと誘導する司令塔役
  • 発毛神経を刺激するため育毛剤にも採用さ
    れています

化粧品と食品の違い
スキンケアを“塗る”場合、成分は表皮から吸収されます。一方、体に直接取り込む
「食品」は、細胞自体がみずから弾力を生成するのを促します。内側からのケアは、
いったん良いサイクルを掴むと良い状態が持続するので“食べる”のほうが経済的と言われています。

健康にも美容にも嬉しい EGFとFGF
肌の表面(表皮)に働きかけ、ターンオーバーを回復させるEGF作用と、内側(真皮)からコラーゲンでふっくら押し上げるFGF作用。つばめの巣にはこの2つの美肌成分が含まれ、肌の内外からのWアプローチで相乗効果をもたらします。ダメージを受けた古い肌は自然と剥がれ、弾力と透明感のある新しいお肌へ。特に、40代からはコラーゲンと共に肌に弾力を与えるエラスチンの減少が加速。高血圧や動脈硬化など血管の弾力不足によるトラブルも増えがちなので不可欠な成分です。
EGFとFGFの効果
新しい肌へと生まれ変わるサイクルは通常約28日ですが、30代~40代になると新陳代謝が低下し、約45日かかることも。肌の表皮(EGF)と肌の奥の真皮(FGF)で働く2つのエイジングケアでハリと弾力、透明感のある若々しい肌に。
40代の女性の強い味方
エイジング対策にもおすすめ!
つばめの巣は、EGF(上皮細胞成長因子)作用とFGF(線維芽細胞成長因子)作用の2つを兼ね備え、肌の内外からシワやくすみにアプローチ。
EGFは、火傷による皮膚移植や角膜切開による傷の回復促進などの目的に医療の分野で幅広く使用され、かつては1gあたり8,000万円もするほどの高価な成分。それらが含まれるつばめの巣は
エイジング対策にもおすすめです。
 
糖鎖栄養素のポイント
  • EGFは肌表面で細胞を生まれ変わらせ、
    ターンオーバーを促進
  • FGFはコラーゲンをつくる繊維芽細胞に
    働きかけ、内側からハリをアップ
  • その2つが掛け合うことでスピーディに美
    肌へ導く
  • FGFはコラーゲン、エラスチン、ヒアル
    ロン酸の3つの美肌成分の分泌量を増加

FGFはコラーゲンとどう違うの?
コラーゲンそのもの(を含む食品)を食べても、肌内部のコラーゲン量は補う程度にしか増えません。その点、FGFは真皮の中にある「弾力を高める細胞」から活性化。内側よりわき上がるようなハリ感が期待できます。