お守りのように人々を守るリアラーサママのつばめの巣
マレーシアの小さな島。そこには、誰かが妊娠したとき、病気になったとき。家族に、親友に。「どうぞ、飲んでみて。元気が出るから」と、そっと語り継がれてきたものがあります。それが、リアラーサママのつばめの巣。

肌荒れ、理由の分からない体や心の不調など。
ママお手製のそのレシピは、まるで“お守り”のように土地の人々の健康を守り、西洋医学では解明できない様々な不調を笑顔に変えてゆきました。飲んだ人は顔色もイキイキ。気持ちまですっきり元気になるという不思議なぷるぷるのジュレ。
これこそ、いま最新医学によって証明されつつある「つばめの巣に含まれるシアル酸の免疫効果」だったのです。

その「シアル酸」とは、グラつきがちな現代人の土台の部分(免疫力)をしっかりとした結びつきで底上げするもの。無理せず、心地良く、自然なぺースで。細胞のかけ違えたつながりを正すことで体が好回転を始めます。

つばめの巣を渡すときは
ママの想いが詰まった「リアラーサ」の言葉を添えて

マレー語で、リア=幸せな、ラーサ=感じる。健康でキレイになって。幸せになってね。「リアラーサ」と、願いながらつばめの巣を渡していたリアラーサママ。

ママの周りにはいつも愛が溢れています。
ママは「子育てが終わって使わなくなった巣をいただく代わりに、つばめたち自身にも幸せな環境を整えてあげたい」と、マングローブに囲まれた無人島に温かな“おうち” を建てました。たっぷりの太陽と、ふかふかの土壌。つばめは元気いっぱい飛び回り、健やかな巣を作ってママにその幸せを「おすそ分け」してくれます。

幸せの連鎖が生む、ポジティブな体の反応を。天然素材にとことんこだわったパワフルなシアル酸の力を。ぜひ、味わってみてください。

きっと、笑顔も運ばれてゆくはずです。
RIA RASA mama
A Happiness From The Wild Island of Malaysia.

8コマでわかるRIA RASAストーリー

つばめの巣を飲めば不思議と元気になれる 世界三代美女の楊貴妃も飲んでいたとされる しかしつばめの巣を取るには危険な場所にいかなくてはいけない つばめから取る のではなく いただける 環境はないか そして見つけた孤島の楽園 薄暗い洞窟ではなく森に囲まれた島はつばめにとってもやさしい環境 子育てが終わったつばめの巣を感謝の気持ちを持っていただく 自然を壊さず自然のままに この気持ちとともにつばめの巣を日本にお届けします